絵本

「生きる」うえでの大切な
メッセージがこめられた物語

だいじょうぶ だいじょうぶ
みんな だいすきだから

 いっぽんあしのごっちゃん/さく 
 ブルースゆういち/え 

だいじょうぶ だいじょうぶ みんな だいすきだから

「幸せとは」「生活とは」「仕事とは」「なぜ病んでしまうのか」と問い、自分たちのすべてを語り合って幸せの意味に気づきはじめた著者二人による自主制作の原作絵本には、「生きる」うえでの大切なメッセージがこめられている。
保育園児から楽しめるわかりやすくて楽しいイラストは読み聞かせにもおすすめです。

自身の実話を元に文を担当

後藤 政幸

ごとうまさゆき

プロフィール

1960年10月4日生まれ。現在岐阜県揖斐郡池田町本郷に在住。
(心のバリアフリーター)一本足のごっちゃんを愛称として、手作り絵本作家 微力ながら活動中。手作り絵本を手に、絵本に託したメッセージを世界に拡げようと動き始めています。

好きな言葉

  • 天命に生き天命に死す
  • 敬天愛人 (西郷隆盛)
後藤 政幸

ブルース・カフェのオーナーが絵を担当

加藤 優一

かとうゆういち

プロフィール

1974年生まれ。現在、岐阜県揖斐郡池田町にて、垣根のない誰もが入店できるバリアフリーにしたライブハウスレストランBlues cafe’(ブルースカフェ)のオーナー。実妹が障がいを持ち、自分自身への将来にも不安を感じ悩み入る。だが、この現実を全て受け入れ、将来を覚悟したことにより本当の幸せに気付き始める。

好きな言葉

謝恩 愛 慈悲
すべて あなたの心に あるもの
幸せになりますように。 感謝

加藤 優一
だいじょうぶ だいじょうぶ
みんな だいすきだから公式サイトはこちらから

ACCESS